てんかん発作

発作性の繰り返される全身性の痙攣や意識障害を主な症状とする脳疾患で、脳炎や脳腫瘍のように原因がはっきりわかるものを「症候性てんかん」、脳に明らかな異常が認められない原因不明のものを、「真性てんかん」といいます。

【症状】
意識障害を伴った全身性の痙攣が起こる場合と、意識の消失を伴わない体の一部分だけに痙攣が起こる場合があります。
全身性の発作は突然つっぱったようになって倒れ、意識の消失、痙攣などが見られますが、発作は数分以内に治まり、通常は何ごともなかったように回復します。 
しかし、全身性の発作が長時間治まらなかったり、短時間の間に何度も繰り返されるようなときは命にかかわることもあるため、早急に動物病院を受診するようにしてください。

【治療】
原因がはっきりしている場合(症候性てんかん)は、その疾患に対する治療を行います。原因がわからない場合(特発性のてんかん)は、発作の頻度や持続時間などの点で軽度の場合は治療を行わず経過を観察することもありますが、一般的には抗てんかん薬を継続的に投与し、発作の発現を予防します。
発作を起こしたときは、びっくりして気が動転しがちですが、決して犬を無理におさえたりする必要はなく、慌てずに、犬が発作で動き回ってケガをしないよう周囲に気を配り、発作が治まるまで見守ってあげてください。