コクシジウム症

小腸の粘膜に寄生し、どんどん殖えて最終的に粘膜を破壊する寄生虫です。
特に子猫に寄生するとダメージが大きく、重度になると死にいたることもあります。

【原因】
コクシジウムが寄生している猫の糞便が感染源となります。

【症状】
感染して3~6日の潜伏期間の後、泥状から水っぽい下痢便が始まり、食欲が低下し、元気も消失します。重症になると、ねばっとした血便がみられるようになり、命に関わることもあります。

【治療】
検便、診断、駆除が基本です。コクシジウムが検出された場合には、駆虫薬で駆除します。また下痢や脱水に対する対症的な治療も行います。
家庭では、猫のトイレは清潔に、糞便の処理はすばやく、ずっと置いておくことなどないように心がけましょう。