ジステンパー

イヌジステンパーウイルスを原因とし、犬のくしゃみなど飛沫により感染していきます。
急性に発症し、伝染性・死亡率ともに高い病気です。
成熟動物よりも、仔犬での感染が多く見られます。

【症状】
感染後4~6日で発症します。
発熱、食欲不振、結膜炎、元気がなくなるなどの症状が現れた後、嘔吐、下痢、せき、くしゃみなどの消化器と呼吸器の症状が出現します。
さらに進行するとウイルスは脳にまで達し、てんかん、筋肉の痙攣、下半身の麻痺といった神経症状が現れます。

【治療・予防】
ウイルスに対する確実な治療法はありません。
細菌の二次感染を防止するために、抗生物質の投与などによる対症治療が主になります。
仔犬が罹りやすい病気であり、予防法としては、母犬の移行抗体が消失する時期(2~3ヶ月齢)にワクチン接種を確実に行うことが重要です。