ノミアレルギー性皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎の原因は、ノミの唾液の中に存在する抗原で、身体の中で唾液に対するアレルギー反応を起こします。
ノミによる被害は、刺されることにより痒みを生じるだけでなく、アレルギー体質のワンちゃんではアレルギー反応を起こすことにより、より広い範囲に痒みを生じることがあります。
ノミが犬の血を吸う時、ノミの唾液が犬の皮膚に入るため、唾液に含まれる「パプテン」というたんぱく質に対してアレルギー反応が起こり、皮膚炎になります。別名ノミ刺咬過敏症(FBH)とも言われます。

【症状】
症状の出やすい部位は、しっぽや腰の背部、足の付け根、後ろ足、腹部に見られます。
ノミの予防をしていない犬で、これらの部位に激しい痒みや脱毛がみられる場合は、ノミによるアレルギー性皮膚炎が第一に疑われます。
始めは赤い発疹ができ、赤く腫れます。痒みが激しくなると、眠れなくなることもあります。
痒くてひっかくことで、二次感染が起きたり、広い範囲の脱毛を生じてしまうこともあります。

【治療】
まず、ノミを駆除することです。
皮膚に垂らすタイプのスポット薬が代表的ですが、飲み薬もあります。
また、炎症や掻き壊しなどにより生じた二次的な皮膚病に対する治療も必要になります。何よりも、日頃からノミの予防を行っておくことがノミアレルギー性皮膚炎の予防につながります。
特にアレルギー体質の皮膚の弱い犬は、暑い時期に限らず、1年を通してノミ予防を行っておくことをお勧めします。
ノミはイヌ条虫という寄生虫を運ぶ役割も行うので、ノミの駆除は大切です。