動脈管開存症(PDA)

母犬のお腹にいるときには、大動脈と肺動脈の間に動脈管という血管が存在しています。生まれると自然とこの動脈管という血管は閉じてしまうのですが、様々な原因で閉じずに残ってしまったのが、動脈開存症です。
犬種としては、シェットランドシープドッグやポメラニアン、ミニチュアダックスフント、ウェルシュコーギーなどでよく見られます。

【原因】
遺伝性、また妊娠中に何らかの原因で、心臓に解剖学的に異常を持ってしまう疾患です。

【症状】
血液の循環が阻害されることにより、うっ血性心不全の症状が見られます。
軽度なものでは症状は見られませんが、病状が進んだものでは、散歩や運動を嫌がったり、疲れやすかったり、その他呼吸困難や咳、発育不良などが見られることがあります。

【治療】
症状によっては、内科的治療を選択する事もありますが、根本的治療としては外科手術を行う必要があります。