口内炎

口の中の粘膜の炎症です。食餌の固いものや骨などが口の中を傷つけたり、粘膜に刺激性のある異物の摂取などで口内炎が起きることがありますが、犬における口内炎はそれほど発生頻度の高い病気ではありません。

【原因】
糖尿病やビタミン欠乏症、腎臓病など、全身的な病気の影響で粘膜が障害を受けて炎症が起きるものや、外傷に起因する口内炎、その他では免疫介在性の疾患で水疱や糜爛(びらん)とともに口内炎が生じることもあり、原因は様々です。

【症状】
口臭が強くなり、よだれの量が多くなったりすることがあります。また、痛みにより食欲が低下することもあります 。

【治療・予防】
他の疾患に起因する口内炎の場合は、原因になる病気の治療を行います。
外傷によるものは、重度でない限り比較的容易に治癒しますが、患部への二次感染予防のため、抗生物質の投与を行うこともあります。