回虫症

多くの犬に寄生している内部寄生虫の代表が回虫です。症状は軽度なものから重度なものまで様々です。人にも感染する公衆衛生上の問題も有する病気です。

【原因】
犬に寄生する回虫には、イヌ回虫と犬小回虫の2種類あります。
仔犬での感染ルートとしては、胎盤感染が主な経路です。幼虫は肝臓→心臓→肺→気管→咽頭→胃→小腸へと移行するのが特徴で、小腸で成虫となり産卵を行います。仔犬への乳汁を介しても感染します。その他、排泄された虫卵が直接口に入ることによる、経口感染も見られます。
成犬における感染では、このような体内移行は行われず、幼虫は成虫へなることなく、筋肉や腎臓など、その他の臓器へ血流を介して移行します。そのため成犬では、腸管への寄生はあまり見られません。
犬小回虫は、感染した幼虫が体内を移行することはなく、小腸で成虫に発育するため腸管での寄生が見られます。

【症状】
イヌ回虫が仔犬に多数寄生していると、下痢や嘔吐などの消化器症状が出ることがある他、栄養が十分吸収されず、発育不良を招くこともあります。
また、多量に寄生することによって、腸管の閉塞を起こしてしまうこともあるため、仔犬の重度寄生は非常に危険です。
犬小回虫は、胎盤感染や乳汁感染をすることはないため、仔犬での重度の症状を招くようなことはほとんどありません。

【治療】
駆虫薬で治療します。完全になくなるまで、根気強く続けることが肝心です。
飲み薬による駆虫が比較的容易にできますが、確認のための再検査はしっかり受けてください。
イヌ回虫は人へも感染を起こす感染症です。(内臓幼虫移行症、眼幼虫移行症など)
治療、予防はしっかり行いましょう。