猫カリシウイルス感染症

カリシウイルスというウイルスが感染して、発熱、くしゃみ、鼻水といった風邪の症状から、肺炎、口内炎、関節炎といった様々な症状があらわれます。

【原因】
カリシウイルスに感染した猫との接触や、鼻水などの飛沫から感染します。子猫やストレス下の猫、免疫抑制下の猫で症状がでやすいです。

【症状】
発熱、くしゃみ、鼻水、結膜炎や食欲減退、脱水といった風邪の症状がでます。そのほかに口の中の潰瘍、軽度の肺炎や多発性関節炎を引き起こすことがあります。

【予防・治療】
ワクチンが有効です。年に1回はワクチンを接種するようにしましょう。かかってしまった場合には、対症療法行います。抗炎症剤、抗生物質、抗ウイルス剤、栄養剤を投与して内科的治療を行います。