瓜実条虫

腸の中の細かい繊毛の間に寄生する虫です。大型の虫で、体長が50cmのものもみられます。しかし、大きいわりには、寄生された猫に症状があらわれないことも多いので、飼い主が気づかないうちに寄生していることも少なくありません。

寄生する瓜実条虫が増えると、栄養分を吸収してしまうので、猫の栄養摂取を妨げます。

【原因】
瓜実条虫に感染している猫の糞便のなかに、卵の沢山つまった片節が排出され、それをノミが摂取します。そのノミを猫がグルーミングなどで経口摂取することで感染します。屋外で暮らす猫の場合は、感染している猫との接点が増えるので注意が必要です。

【症状】
食べている食餌量のわりに太らなかったり、子猫の場合には発育不良などが症状としてあらわれます。寄生している条虫が多くなると、腸炎を起こして血便を排泄することもあります。また、糞便以外にも猫の肛門や寝床に、乾燥して白ゴマのようになった条虫片節がしばしば確認されます。

【治療】
駆虫薬を飲ませるとよく効きますが、再感染する可能性が大きいので、ノミの駆除も同時にするようにしましょう。