眼瞼内反

瞼(まぶた)が内側に入り込んでしまう状態を、眼瞼内反と呼びます。瞼が内側へ巻き込まれることによって、まつ毛が目を刺激して傷つけ、結膜や角膜の炎症をひき起こします。

【原因】
先天的な異常による場合がよくみられ、主に下眼瞼に起こります。
後天的なものには、外傷の修復に伴って起こるものや、加齢に伴う眼輪筋の緊張低下によって起こるものがあります。
犬の種類によっては(グレートピレニーズ、コッカースパニエル、セントバーナード、パグ、パピヨン、ブルドッグ、ラブラドルレトリーバーなど)、頭の皮膚がたるみがちなので、瞼が内側に入り込んでしまったり、外側を向いてしまうこともあります。
重度の結膜炎や外傷などで発症することもあります。

【症状】
症状は内反の程度や持続時間などにより様々ですが、睫毛による物理的な刺激が原因で、表層性角膜炎や角膜潰瘍、ぶどう膜炎などを生じることがあります。

【治療】
軽度の内反なら、刺激しているまつ毛を抜いてから炎症を治療すれば、症状が軽くなることがあります。重度の場合は、瞼の形を整える手術も選択肢のひとつとなります。
子犬のときから症状が現れるので、目ヤニや涙が多かったり、犬が目を気にしてこすることが多い場合は、早めに動物病院で診察を受けましょう。