結膜炎

結膜は、まぶたの裏側から白眼の表面を覆う膜を指します。この部分に炎症が起きるのが結膜炎です。犬の目の病気ではもっとも頻繁に起きる症状のひとつです。

【原因】
結膜炎は、目を強くこすったり、目に毛が入ったりといったちょっとした刺激によっても起こり、細菌やウイルス感染、シャンプーなどの化学薬品による刺激、アレルギーなどでもひき起こされます。
また、涙の量が減少する疾患(ドライアイ)、まぶたや睫毛の生え方の異常(眼瞼内反症)、その他の部位における炎症性の眼疾患などに付随して結膜炎が認められるのも一般的です。
そのため、結膜炎といっても眼を清潔にするだけで治る軽度なものから、原因をしっかり治療しないと治らないものまで様々です。
目が大きく眼球が飛び出ている犬種(チワワ、パグ、ペキニーズなど)は結膜炎を起こしやすいので、日ごろから注意しましょう。

【症状】
眼の赤みが目立ち、目ヤニや涙が増え、目ヤニが膿のようになって、目の周囲の毛が濡れたり、汚れたりします。痒みを伴い、目をこすったりひっかいたりすることもあります。

【治療】
通常は原因となっている病気の治療を行うのと同時に、抗生剤や消炎剤の点眼薬による対症治療を行います。
症状がひどい場合は飲み薬や注射での全身投与を行うこともあります。
痒みのために目をこすりすぎることは症状の悪化へつながりますので、エリザベスカラーをつけて、こすったりかいたりすることを防止することも必要です。