股関節形成不全

犬に多い遺伝的疾患のひとつで、大型犬によく見られる病気です。股関節の骨の成長が十分でなく、丸くなっているはずの大腿骨の先が扁平になっていたり、受け皿である骨盤のくぼみが浅かったりして、骨と骨がうまくかみ合わない状態をいいます。
遺伝的な要因が多いとはいえ、子犬のときの肥満も原因のひとつになります。

【症状】
片方の関節だけに起こる場合もありますが、両方の関節に起こるほうが一般的です。生後6カ月くらいから症状が現れてきます。腰を揺らしながら歩いたり、走るときに両足を揃えて走ったりします。
歩き方が「いつもの様子と違う」「ほかの犬と違う」と感じたら、よく観察するようにしてください。病院ではX線検査をはじめとして触診などの診察をします。

【治療】
治療は形成不全の状態により変わります。軽度の形成不全の場合は、運動をさせずに安静にして、まず体重を落とすようにします。進行が進んだ場合は、運動と体重を制限したうえに、鎮痛剤や抗炎症剤などを使って薬物療法を行います。
病状が重く、内科的治療で効果がみられなかった場合は手術を行います。
外科手術には様々な手術方法があり、その選択は対象動物の年齢や症状の程度、形成不全のタイプなどを考慮して、適切な方法を選択する必要があります。
一般的には、若いうちに手術を行うほうが、長期的に良好な結果が得やすくなります。