角膜炎

角膜は、目の表面の黒目部分を被っている膜です。何らかの原因でこの部分に炎症を生じるのが角膜炎です。

【原因】
角膜炎になる原因は、外部からの物理的刺激(擦る、シャンプーが眼に入るなど)や、涙の量の減少(乾いた状態)、眼瞼内反、感染やアレルギーなど様々です。

【症状】
角膜には知覚神経が無数に分布しているので、障害を受けると激しい痛みと痒みを伴います。
そのため、犬はまぶたを何回もパチパチしたり、目ヤニや涙の量が増えるなどの症状が認められます。
症状が軽いときは痒み程度でおさまることもありますが、中等度になると角膜が白く濁り、重傷になると白く濁った角膜が盛り上がり、まわりにこれまでになかった血管が角膜に入り込んでいるのが見えます。
さらにひどくなると角膜に潰瘍を引き起こすこともあります。

【治療】
症状の緩和のためには、抗炎症薬の点眼や抗生剤の点眼が用いられますが、根本的な改善のためには、角膜炎の原因となるものを治療する必要があります。