Case 41 内視鏡により異物を摘出できた犬

「すももの種」を食べてしまった。ということで来院された。
来院時は臨床的な症状は見られません。
レントゲン所見では、はっきりとした陰影は確認できないようです。

「確実に食べてました」と強い確認が取れているため、
内視鏡での異物摘出を実施しました。

41-01胃の中に入ったところ。
(大彎部~幽門に向けて)

41-02クルッと回転して、胃の入り口をチェック
(噴門部を確認)
ん? なにやら怪しいものを発見。もう少し接近してみましょう。

41-03画面左上に、もやもやした異物を確認。
これから摘出を試みます。

41-04がっちりと鉗子で捕まえ、摘出中。

41-05取り出した異物はこれ。
これは詰まってしまう可能性が充分ありますね。

内視鏡は、開腹手術と違って大きく切開する必要もないです。
ですから、動物のダメージも少なくて安全ですよ。
ただし、すべてが適応ではないのが残念なのとこです。

このワンコは、じつは。
以前にも異物誤食をしており、開腹手術を実施しています。
そういう癖のある子は注意が必要ですね。